話題のベーシックインカムは、日本で実施できるのか?

投稿者: | 4月 30, 2017

ベーシックインカムが実現すると、あなたの懐に月々お金が支給される。
これは、本当のはなし。

月々お金が支給されるけど、何百万円も支給されるわけではなく、

最低限の生活を過ごせるように政府が全国民に対して、無条件で支給してくれる
でも、もらえないよりは有り難い。もし、あなただったらこのお金で何をする?
このお金で何をするかは個人の自由なので、生活費にする人もいれば、自己学習のために使う人もいれば、パチンコなどに使う人もいるかもしれない。また、やりたかったことや新しいことにチャレンジにする人もいるだろう。

それも含めてすべて個人の自由。選択肢の幅が増えるのがベーシックインカムってものだと思う。

そんなうまい話があるかって思うかもしれない。僕もはじめはそう思った。

だけど、

2016年6月、スイスで「ベーシックインカム制度」の世界初の実現に向けて国民投票が行われる。

話題のベーシックインカム

もしかしたら、スイスで世界で初めて実現するかもしれない。

さっきもちょっと言ったけど、ベーシックインカムってのは、政府から国民全員が無条件でお金をもらえる制度。

聞こえはものすごくいいけど、僕みたいなフツーのサラリーマンにとって、

・どのようなメリットがあるのか。

・どのように生活が変わるのか。

・果たして実現できるのか。

を調べてみました。

 

ベーシックインカムのメリット

ベーシックインカムを導入することで以下のようなメリットがあると言われています。

ベーシックインカムのメリットです。

○メリット

・貧困に対する不安がなくなる
最低限の生活を過ごすためのお金を政府が支給してくれるので、お金がなくて生活に困ることはなさそう。

・ブラック企業がなくなる
仕事を辞めても、ベーシックインカムで生活ができるので、パワハラや過度な残業などで病気になったり、ボロボロになるほど労働をしている人が仕事を辞めることができる。
それに伴い、劣悪な労働環境下で働く労働者に支えられてきた、いわゆるブラック企業がなくなっていく。
ベーシックインカムで所得が保証されるので、これまで、お金のため、生活のためと思って、劣悪な労働環境で無理に奴隷労働する必要がなくなるので。

・選択肢が増えるため、フレキシブルにより自由に生きることができる
ベーシックインカムが導入されれば、もともと最低限の生活は保障されている。なので、「カフェで働きたい」「音楽をしたい」など今までやりたかったことより積極的にいろいろなことにチャレンジすることができる。また、もっと家族と一緒に過ごす時間を増やして、プライベートを充実させることもできる。

ベーシックインカムのメリットをそれぞれ列挙してみましたが、個人的には選択肢が増えるので、面白い制度ではないかと思います。

 

日本での実現性は?

ベーシックインカムは、フツーのサラリマンでもメリットが大きく面白い制度だと思うのですが、実際のところ、日本で導入されるのか調べてみました。

結論から言うと、現在のところ日本では難しそうです。
一番の課題は、財源です。

全国民に月額12万円のベーシックインカムを支給すると仮定した場合、
なんと一年間で173兆円の財源が必要になります。

平成28年度の歳入が、新たな借金を含めて97兆円なのでやはり財政面で厳しそうです。

 

 

まとめ

ベーシックインカムという制度は、僕みたいなフツーのサラリーマンでも「身を粉にして働かなくていい」「やりたいことに積極的にチャレンジできる」などのメリットが多い。

あなたもベーシックインカムがほしくないか?
でも、現在のところ、財政面で実現が厳しい状況です。

個人的には、とても夢のある面白い制度だと思うのですが残念です。

だったら、自分で築き上げてみてはどうだろう?

【関連記事】日本で導入困難なベーシックインカムを自分で作り上げるにはを参考にしてみてください。

 

是非あなたのお友達にも教えてあげてください

この記事があなたのお役に立ったなら、是非お友達にも教えてあげてください。
多くの人に読んでもらえると、次の記事を書く励みになります。よろしくお願いします。

 

▼ポチっと応援クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA