5.成功する為の習慣

投稿者: | 8月 10, 2017

 

習慣は非常に重要です。

 

日々取っている行動が習慣になり癖みたいなものになると、
潜在意識に刷り込まれると無意識のうちにできるようになります。

成功している人が、自然の流れで成功出来たのは習慣になっているからです。

では、成功するための習慣って何でしょうか?

 

成功するための習慣

  • 知識:何をするのか、何故それをするのか。この2つの質問に答えてくれるもの
  • スキル:どうやってするのか。
  • やる気:動機、実行したいという気持ち

成功するための習慣は、この3つの要素で構成されている。


あなたは、「7つの習慣」をご存知でしょうか?

 

 

 

「7つの習慣」とは、スティーブン・R・コヴィー博士によって書かれた人生を幸福に導く成功哲学です。

もしあなたがまだ「7つの習慣」を読んでいないと言うのなら、どうか読んで頂きたいと私は考えています。

なので、ここに7つの習慣への取っ掛かりとして、本書の全体像をここで簡単に紹介することにしました。

7つの習慣は全体が大きく3つに分類されています。
まず、7つの習慣のそれぞれの分類と、名称を全て列挙してみます。

Ⅰ.私的成功の習慣
■第一の習慣:主体性を発揮する
■第二の習慣:目的を持って始める
■第三の習慣:重要事項を優先する

Ⅱ.公的成功の習慣
■第四の習慣:Win-Winを考える
■第五の習慣:理解してから理解される
■第六の習慣:相乗効果を発揮する

Ⅲ.再新再生
■第七の習慣:刃を砥ぐ

 

Ⅰ.私的成功の習慣

人格を形成するための核とも言える習慣です。
目的を明確にして自立をしていきながら、優先順位をきっちり立てながら行動していく習慣です。

 

第一の習慣:主体性を発揮する。

周りの状況に左右されることなく、自分が自発的に自分が成功するために物事を考え、行動していくこと。

 

第二の習慣:目的を持って始める

人生の最後の姿を思い描きながら、あなたがあなた自身をどう創り上げたいか決めることです。

ミッションや動機の部分が整理されているかどうか文章化して、あらゆることの指針としていきます。

 

第三の習慣:重要事項を優先する

人生には、優先順位があり、何に時間を投資していくのかが重要です。
優先順位がぶれていると、目先の利益ばかりに走ってしまいます。
そうすると、今は役に立つが、未来には役に立たないことに時間を優先してしまうことになります。

重要な項目で、緊急でないことに時間を投資していく。

緊急になってからではもう手遅れです。
だから、緊急なことに振り回されず、テレビや待ち時間などの重要でないことを流されず、重要で緊急でない項目に優先順位を立てることが重要です。

時間の使い方の優先順位の付け方も大切な習慣です。
そうすると、無駄な時間が省かれていきます。

 

Ⅱ.公的成功の習慣

公的成功の習慣では、人を巻き込むので相手の事をちゃんと理解する。
その上で、私的成功の習慣を土台とし、相乗効果を生み出していく習慣になります。

 

第四の習慣:Win-Winを考える

Win-Winは、「自分も勝ち、相手も勝つ」という考え方です。

当然、自分一人では生きていけません。
常に周りの人に囲まれて支えられています。

例えば、物を売る営業をしている場合、売り手はものを売ることによって利益があります。

買い手にはどんなWinがあるのでしょうか。

相手に相場よりも高いものを売ったら、Win-Loseかもしれない。

お値打ち価格(必ずしも安くなくてよい。)やお得感、お値打ち感を提供する事が出来れば、Win-Winになることができる。

Win-Winの追求が大事であり、Win-Winを実現できないときには取引しないを選択することも重要です。

 

第五の習慣:理解してから理解される

相手を理解することがすごい重要です。
人は誰しも理解されたいという願望があります。

自分自身が相手の事を理解すれば、相手も自分の事を理解してくれる。
そのため、普段の習慣を見直しましょう。

何故なら、

悪い習慣が身についている人は、相手のダメなところに目が行く。
良い習慣が身についている人は、相手の良いところに目が行く。
良い事を言われて、嫌な気持ちになる人はいない。
良い習慣で、相手の良いところを見つけて相手を理解してあげるためです。

 

第六の習慣:相乗効果を発揮する。

相手と一緒に行動する事で、1+1=2ではなく、
1+1=3,4,5にしていく方程式を編み出していく必要があります。

そのために、自分にないものを持っている人と時間を共有していく。

そして、お互いが足の引っ張り合いをするのではなく、新しい何かを芽生えさせていく。そのようにして、相乗効果を生みだしていきます。

 

Ⅲ.公的成功の習慣Ⅲ.再新再生

第七の習慣:歯を研ぐ

第一~第六までの習慣を身に付けつつ、
あとは、ひたすら自己啓発などを行い、己をずっと磨き続けていくことが重要です。

まとめ

『日々何を意識しているか。』これはとても重要です。

時間の使い方、人との接し方、プラス思考を意識しながら、日々の習慣を変えていきましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA