【サラリーマン必見】倒産・リストラなどの将来不安を解消する方法

投稿者: | 8月 11, 2017

将来の経済的な不安
これは少なからず、誰もが持っていると思います。

転職する前は、こんなことを感じていませんでしたが、
実際に無職時代を経験して、自分の身にも起こりうるリスクとして考えるようになりました。

 

 

将来の経済的な不安とは何か?

将来の経済的な不安にはどんなものがあるでしょうか?

  • 会社が倒産しないだろうか。
  • リストラに合わないだろうか。
  • 年金はもらえるだろうか。
  • 『この先どうなるのだろう。』という漠然とした不安

など、色々あると思います。

しかし、こんなことばかりを考えても意味がないと思います。

では、どうすればいいのか。

 

将来起こりうるリスクに備える

『この先どうなるのだろう。』と先行きが見えないという不安であれこれ考えを巡らすこともあると思います。

しかし、堂々巡りのように考えを巡らしていても仕方ないと思います。

かと言って、誰かがどうにかしてくれるわけでもないので、やはり、自分で何とかするしかありません。

 

将来起こりうるリスクを洗い出してそのリスクに備えて、

少しずつ経済的な将来不安を解消していくことが大切だと思います。

 

僕は、その手段の一つとして、自立・自律して収入源を増やすことが大事だと思っています。

 

起こりうるリスクに対していつから備えるのか

つぎのそれぞれのリスクに対していつから備えるかですが、人それぞれだと思います。

タイプとして、2つのタイプに分かれるんじゃないかと思います。

 

○タイプ1:何とかなるだろうと、起こってから対応するタイプ

  • 今、何も起こってないしこれからも起こらないだろう。
  • 将来のことを考えるのが大事なのは分かっている。でも今何もおきてないし、起きてから考えよう。
  • 親とかも何かとなっているし、今までも何とかなってきたし何とかなるだろう。

と考える人が多いんじゃないかなと思います。

『人生には、3つの坂がある』と小泉元首相は言っていました。

 

  • 上り坂
    人間関係も良好で、仕事やプライベートも楽しくて何をやっても順調で充実しているとき。いわゆる、絶好調のときですね。資格に合格した~、就職できた~、好きな人と付き合えた~、などなどいろいろな上り坂があると思います。
  • 下り坂
    上り坂とは逆に、何をやってもうまくいかないとき。いわゆる、絶不調のときですね。立て続けに失敗したり、思い通り行かなかったり、うつ気味になったり、借金してしまったり、仕事やプライベートが面白くなくなったり、などなど下さり坂にもいろいろあると思います。
  • まさか(ま坂)
    あなたの今までの人生にも、「まさか・・」という出来事があったはずです。僕の人生でも「まさか」という出来事?が起こりました。「まさか」という出来事は、音もなく「突然」僕たちの目の前に現れます。突然の病気であったり、突然の事故であったり、突然の失業であったり、などなどまさかにもいろいろあると思います。まさかが起こったとき、オドオドせずその対応をしっかりする心構えを身につけることが大切ですね。

 

○タイプ2:将来を見据えて、すぐに対応するタイプ
将来起こりうるリスクを洗い出してそのリスクに備えて、

若いうちから少しずつ経済的な将来不安を解消していこうと考える人もいると思います。

 

ここでは、『リスクが起こってから対応するタイプ』と『リスクが起こる前に対応するタイプ』の2つにタイプについて

例を挙げましたが、リスクが起こってからでも、何とかなると思います。

 

何とかなると言うよりも、何とかしてきたんだと思います。
そのときは、何とか歯を食いしばって一生懸命頑張ったのだと思います。

 

人生の中で、『下り坂』『まさか』はきっと起こるでしょう。

そのリスクに、『若いうちに備えるか』『年齢を重ねてから対応するか』のどちらかです。

 

年齢を重ねてからだと、

  • 子どもができて、自分の時間が減ったり
  • 体力的に難しかったり
  • 新しいことを始めるのに元気がなくなったり
  • 新しい「知識」や「技術」を身につけるパワーがなくなったり
  • このままでいいやと諦めの感情が生まれたり

など、いろいろ制約条件が増えてきてより辛くなると思うからです。

 

だから、個人的には、若いうちからコツコツと経済的な将来不安を解消していく方がいいと思います。

 

なぜなら、僕個人的に、不安に直面したあとは、恐怖でなかなか行動を起こすことが

起こせないと言うことがわかったからです。

 

まとめ

人生には、調子のいい「上り坂」もあれば、調子の悪い「下り坂」もある。リストラなどの予期しない「まさか」もある。

「下り坂」や「まさか」は、この人生のなかできっと起こる。
だから、そんな不測の事態の経済的な将来不安に備えて、若いうちからコツコツとリスクに備えていくことが大切です。

 

 

是非あなたのお友達にも教えてあげてください

この記事があなたのお役に立ったなら、是非お友達にも教えてあげてください。
多くの人に読んでもらえると、次の記事を書く励みになります。よろしくお願いします。

▼ポチっと応援クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA