転職して「わかったこと」「実感したこと」「気付いたこと」

投稿者: | 8月 11, 2017

僕は、30歳を目前にして転職しました。

 

転職理由は、

  • 毎晩夜遅くまで働いていたので疲れた
  • 違うことをしてみたい
  • 都会で働いてみたい

です。

 

そのときは、あまり深く考えていませんでしたが、
実際に転職してみて、転職には想像以上に高いリスクがあると実感しました。

 

転職して実感したリスクと考えた対策について紹介したいと思います。

もし、あなたが転職を考えているなら、本格的な検討をする前に参考にしてみてください。

 

転職して気付いたこと

 

転職前の会社は、それなりに大きな会社だったので、いま思えばのらりくらりと仕事をしていて、

リストラや倒産について考えたことがなく、人間関係にも困っていなかったです。

 

でも、転職して「リストラ」「倒産」「人間関係」などさまざまなリスクがあることに気付きました。

 

半導体業界に転職して、リストラや倒産のリスク(可能性)に気付いた

今のところは、転職者が多くてその人たちに

「何故転職したのですか?」

と、聞いてみると、

 

「転職するつもりはなかったけど、会社がなくなったからここに転職してきた」とほとんどの人が言ってました。

 

この話を聞いて、このご時世、いつ自分の身にも起こってもおかしくないと転職して実感しました。

 

そして、今身を置いている業界が、もっとも浮き沈みが激しい半導体業界。。。

いつ会社がなくなってもおかしくないなと思っています。

 

 

そこで考えた対策が、自分の身は自分で守るため、副業して収入源を増やそうと決めたわけです。

 

人間関係でソリが合わないことが多々あることに気付いた

転職して、もう一つ気付いたこと。

 

それは、配属先の雰囲気にうまく馴染めなかったり、配属先でうまく人間関係を築いていけない可能性があるということです。

 

入社時期が一緒だった同僚が、パワハラを受けたり、人間関係のソリが合わずに4人辞めていきました。

とても悲しくなりましたが、自分が同じ立場になったばあい、どうしてたかなと考えました。

 

僕が同じ立場だった場合、そんな状況でも会社に必死にしがみつく事は選ばないと思うので、きっと我慢できずに辞めていると思います。

そうなって辞めると困るのが収入面です。

 

そこで、考えた対策が
会社員以外の収入を増やす方法を考えるです。

 

そして、こんなことも考えました。

もし、会社員以外の収入で10万円稼いでいれば、心にゆとりができるのでそんなこと気にならないかもしれないなと考えました。
(実際はどうかわかりませんが・・・。)

 

まとめ

転職をしていろいろなことを実感しましたが、

結論から言うと、『これがやりたい』など明確な理由がない限り転職はしない方がいいかなと思います。

 

辞める前に、10万円でも20万円でも副業して自分で稼ぐチカラを身につけていると、安心感が全然違います。

この安心感を感じた状態で、次のステップに進んでみてはいかがでしょうか?

 

 

是非あなたのお友達にも教えてあげてください

この記事があなたのお役に立ったなら、是非お友達にも教えてあげてください。
多くの人に読んでもらえると、次の記事を書く励みになります。よろしくお願いします。

▼ポチっと応援クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA